投資信託入門系の書籍購入は不要

Pocket

投資を学ぶにはどうすればいい?

投資に興味はあるけど、難しそう、どうやって始めたらいいのかと悩んでいる方もいると思います。学ぶ手段として、

  1. 投資に詳しい知人に相談する
  2. 書籍で勉強する
  3. ネットで検索する
  4. 専門家(銀行や証券会社、FP)に相談する

などが考えられますが、それぞれ問題があります。

まず、1.ですが、そもそもそんな人がいないということもあるでしょう。また、詳しいとされる方がいても、その話を鵜呑みにするのは危険です。投資方法に正解はないと思いますが、基本となる考え方は確実にあります。自己流でも卓越した能力(偶然ともいう)で、成功されている方もいますが、他人に参考になるかはわかりません。そもそも知識がないので、知人の方がいっていることがまともであるかどうか判断も難しいです。社会的に地位のある人、仕事で成功されている方でも驚くほど投資の知識が偏ってる(もしくは明らかに間違っている)方が多いです。

2.3.についても知識がない場合は、良質な情報を得るのは難しいです。素晴らしい本や、ウェブページも多いですが、それ以上に悪質な情報が多いです。投資やダイエット本が本屋に山積みされて次から次へと発売されるのは、そのほとんどが効果がないからでしょう。

そして4.がもっとも危険です。これだけはやめましょう。知識のない段階で金融機関に相談するのは、カモがネギしょって鍋に向かう行為と同等です。書籍と同様に良心的なサービスを提供している方もいますが、多数があなたの利益を最優先に考えてはいないと認識してください。(知識があると自覚した人も危ない、相手は利益を上げるために仕事をしている金融機関のプロフェッショナルです)

投資信託協会のガイドブックで十分

ではどうしたらいいのでしょうか。

私は、一般社団法人 投資信託協会で発行している無料のガイドブックを読めば投資についての基本的な知識を十分得られると思います。

ホームページから申し込めば、無料で自宅に郵送してくれます。

https://www.toushin.or.jp/guidebook/

これを読めば、投資及び投資信託について、必要十分な知識が得られると思います。わざわざお金を払って入門書を買う必要はありませんし、多くの入門書よりもコンパクトで要点がまとまっていると思います。

投資はコストが重要です。最初から張り切って費用をかけすぎないようにするのが大事です。

このガイドブックを読んでも、よくわからないことがあったり、投資に興味がでてきた方は得た知識を生かして、書籍等にあたればいいと思います。

おススメページ

ちなみに私の一番好きな本は、

チャールズ・エリスの敗者のゲーム

好きなブログは

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

です。

http://randomwalker.blog19.fc2.com/

コメントを残す